くにびきジオパークプロジェクトセンター 第2回探訪会
  「国引きジオパーク構想南部丘陵山地のジオと文化を巡る旅」開催のお知らせ
  【10/29】
     

  「ジオ」は「地球」や「大地」という意味で、ジオパークでは、ツアーなどを通じて私たちが住む地域や
地球のことを楽しみながら学ぶことができます。  
  松江市・出雲市が中心となって設立された「国引きジオパーク推進協議会」では、松江市・出雲市の
すばらしい自然と歴史・文化を「国引きジオパーク」として日本ジオパークへの登録を目指しています。  
  島根大学くにびきジオパークプロジェクトセンターでは、定期的に現地探訪会を実施し、地域の皆様とこの地の魅力を再発見する機会を設けています。
  今年度第2 回目の現地探訪会では、南部丘陵山地エリアのジオ的、歴史・文化的な見どころを見学します。
南部丘陵山地エリアは、1,500 ~ 1,400 万年前に起こった大規模な地殻変動を記録する場所として、また日本
海形成終了後の約1,300 万年前に繁栄した暖温帯性の化石動物群が産する場所として価値が高いエリアです。 出雲地域に住む我々にとってなじみ深い「来待石」は、なぜ古くから人々に利用されてきたのでしょうか?また、窪地にお堂(岩根寺)が建てられている柱を束ねたような見事な崖や、天を突くような岩山が見事な鞍掛岩、これらの場所はなぜこのような特異な形をしているのでしょうか?今回の探訪会では、これらの謎に迫ります。また、小田海岸では、約1,300 万年前の化石を観察・採取しながら、大昔の出雲地域の環境を体験します。

当日のスケジュール等詳細はこちらをご覧ください
http://kunibiki.noomise.com/(くにびきジオパーク・プロジェクトセンターHP)
チラシ(PDF)

開 催 日:10月29日(日)9:00〜15:30(小雨決行)
申込締切日:10月23日(月)必着
集合場所:島根大学正門前(9:00)
対象・定員:一般・35名(気楽に参加して下さい)
料   金:350円(入館料・保険料)(バス代は無料です)
交   通:島根大学が手配する中型バス
備   考:昼食・お飲物は持参をお願いいたします。歩きやすい服装でお願いします。
申込方法:参加者の氏名(ふりがな)・住所・連絡先(電話番号・FAX番号・E-mailア ドレス)を明記の上、
       下記の宛先に郵便・FAX・E-mailのいずれかでお申込ください。

問い合わせ・お申込先  
 辻本 彰(つじもと あきら)  
 島根大学教育学部自然環境教育講座
 〒690-8504 
 島根県松江市西川津町1060 Tel&Fax: 0852-32-9876
 tsujimoto@edu.shimane-u.ac.jp

 


戻る